尋常性乾癬・市販薬



尋常性乾癬においては、こういった市販薬がよく使われます。

尋常性乾癬の市販薬についてご紹介いたします。

 

一般的的に病院でよく使われる市販薬は、

 

副腎皮質ホルモン「ステロイド

 

ビタミンD外用薬

 

尿素含有軟膏

 

これらがよく使われます。

 

「ステロイド」で肌の炎症を抑えて、ビタミンD軟膏で皮膚細胞の増殖を抑え、尿素軟膏で肌の保湿力を高める。

 

それぞれの外用薬には、こういった効果があります。

 

「ステロイド」や尿素含有軟膏の外用薬に関しては、

 

一般的な薬局でも普通に手に入りますが、

 

尋常性乾癬と呼ばれる皮膚に広範囲にわたって広がる皮膚病だけに、自己判断や、

 

薬局の薬剤師の所見でこれらの市販薬を使用するのは、危険きわまりない行為です。

 

さらにステロイドには、長期にわたって使用すると副作用が起こる危険性の高い外用薬です!

 

よって、信頼できる皮膚科医をみつけた上で、医師の診断所見のもとで、指示に従って処方された市販薬を使うようにしていきましょう!

 

乾癬は病気じゃないんだ!