尋常性乾癬・保湿



尋常性乾癬の治療において保湿は重要なんです!

尋常性乾癬の基本的な治療方において保湿は重要です。

 

一般的に尋常性乾癬における病院での治療方法は、

 

外用薬

 

内服薬

 

紫外線治療

 

この3つが主な治療法となっております。

 

そして外用薬においてよく使われるものとしては、

 

ビタミンD3」・・・皮膚の角化の増殖を抑える

 

角化とは、皮膚の細胞が生まれてから垢となって剥がれ落ちるまでの過程の事を指します。

 

ステロイド」・・・炎症を抑える

 

以上の2つが主に使われます。

 

さらに、尋常性乾癬の名前の漢字の中に、‘’と言った漢字が入っているように、

 

皮膚の乾燥は、悪化を増長させれ要因にもなりかねます。よって保湿は極めて重要です。

 

よって、上記の外用薬以外に、保湿目的として使われる外用薬は、

 

アズノールなどの非ステロイド外用薬

 

ビタミンD3以外の角化症治療薬

 

これらを用いる事によって、乾癬の患部の保湿や、表皮が乾燥をする事によって生じる、亀裂や出血を抑えたり、細菌の進入と増殖を抑える効果があります。

 

乾癬は病気じゃないんだ!!
乾癬バナー01