尋常性乾癬・日焼



尋常性乾癬は、日焼による紫外線治療が効果的なのでしょうか?

尋常性乾癬は、日焼による紫外線治療が効果的だというデーターもあります。

 

その証拠に、尋常性乾癬がよく発症する箇所として、背中やお腹周り、肘や膝の裏側があげられます。

 

しかし、だからといって積極的に外にでて紫外線を多く浴び続けていると、

 

皮膚がんや、火傷や、シミの原因にもなりかねません。

 

よって、治療目的で日焼をして紫外線を浴びるようりも、

 

病院での紫外線による光治療をうけるようにしましょう。

 

ちなみに光治療で現在もっとも一般的に行われているのが、

 

PUVA療法と呼ばれる方法です。

 

紫外線にも沢山の波長の種類があります。

 

そしてPUVA療法には、一番波長の長い種類のUVA紫外線を患部に照射します。

 

最初は、週に2〜3回照射をして、

 

改善効果が現れてきたら、週に1回程度を継続して治療していきます。

 

いずれにせよ、自己判断での尋常性乾癬の日焼治療はくれぐれも行わないようにしましょう!