尋常性乾癬・かんせん・原因



尋常性乾癬(かんせん)はなぜ発症するの?その原因とは?

尋常性乾癬の原因を探ってみましょう!

 

結論から申し上げると、アトピーと同様に、

 

尋常性乾癬の原因は未だはっきりとは解明はされていません。

 

その事が完治の為の治療を難しくさせている原因にもなっています。

 

ただ、一つ明確に言える事は、

 

乾癬は欧米の人口比率では2%にも及んでいる皮膚疾患病である事。

 

その乾癬が、日本でも近年においては、徐々に増えてきていると言った現状を踏まえると、

 

食の欧米化による影響が原因になっている事は否めません。

 

チョコレート、スナック菓子、インスタントラーメン、加工食品。殆どの日本人が、これらの食品を口にしない日は、365日ない程です。

 

ただし、これらの食品には、

 

飽和脂肪酸が沢山含まれており人間の体内を錆びつかせる原因にもなります。

 

そういった現状を踏まえて、最近の研究結果によって判明している尋常性乾癬の原因をさらに探ってみましょう!

 

その1)

 

乾癬以外にも何か他の疾患を患っていて、肉体的および精神的なストレスが原因で発症する

 

その2)

 

生まれつき、皮膚のバリア機能が一般的な人に比べて弱い為に、外部からのカビやバイ菌の影響を受けやすい

 

その3)

 

免疫力低下によって、皮膚防衛機能が落ち、外部からの異物を皮膚内に侵入しやすくなり発症する

 

その4)

 

腎臓機能の低下によって、体内に蓄積された毒素が処理できず、その毒素が皮膚上に蓄積される事による原因

 

以上の4つの原因がわかっています。しかし、これは、あくまでもよくある一般論的な考えです。

 

なぜなら、2を除いて、3〜4の原因は、ストレスや、免疫力低下、腎臓機能の低下によって引き起こされる原因なわけで、

 

結果的に皮膚に発症して乾癬になったというわけで、

 

皮膚以外に発症すると当然、癌や高血圧や糖尿病といった、成人病などの様々な病気になるのと同じ理屈です。

 

言いかえると、どんな病気でも、上記の原因によってなりうる訳なのです!

 

よって、はっきとした、尋常性乾癬の決定的な原因が現在判明しておりません。

 

ただ、食生活の変化によって、日本人も尋常性乾癬が増えてきているのなら、

 

食生活の改善によって、乾癬を治す事も当然できるのではないでしょうか?

 

乾癬は病気じゃないんだ!